MENU

見た目年齢への影響は「肌」より「髪」の方が大きい

雑誌を見て受けたショックを美容師さんに話したら、「見た目年齢が若い方は、髪もキレイなんですよね〜」と衝撃事実を教えてもらいました。髪の細さや薄さによるボリュームダウンや、ハリ・ツヤ不足が酷くなると、どんなに肌が綺麗であっても見た目年齢がどんどん老けていくのだとか。また歳をとると髪のクセやうねりも強くなる傾向があるため、美容師さんと相談をしながら自分に合うヘアスタイルを見つけていくことも必要らしいです。

 

 

白髪はないんですけどね・・・

 

40歳になっても全く白髪のない私は、「自分の髪は真っ黒だから、まだまだ大丈夫!」と根拠のない過信をしていたのかもしれません。また白髪染をする必要がないことで、美容院も滅多に行かない日々をすごしていたので、いつもパサパサ・うねうねの髪を適当にまとめることで、見た目年齢に悪い影響を与えていたのだと最近気づくようになりました。美しい髪を保つためには3ヶ月に1回ぐらいのペースでカットするのが理想らしいので、これからは少し残業を減らしてヘアサロンに行く頻度を増やしたいなぁと感じています。

 

 

実年齢より老けて見える髪を「オバ髪」と呼ぶ

 

見た目年齢を著しく老けさせるほどボリュームダウンやパサつきがひどくなった髪を「オバ髪」と呼ぶそうです。さまざまなメーカーからヘアケア商品が出ている今の時代は、私のように美容院に行く頻度の低い人でもワックスなどで髪のツヤなどを保ちやすくなりました。でもオバ髪の代表とも言える髪密度については、早めのケアが必要不可欠となるため、マッサージローションなどを使ってセルフマッサージなどをすることも非常に大事だと美容師さんから教えてもらったのです。

このページの先頭へ